Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/moose/atelier-moose.com/public_html/wp/wp-content/plugins/all-in-one-seo-pack/modules/aioseop_opengraph.php on line 848
「飾れる写真を撮る」一眼レフ写真教室、に参加してきました。| 豊岡市のホームページ制作 | アトリエムース

BLOG

2018-03-12:WRITE BY MASAYOSHI OKADA

「飾れる写真を撮る」一眼レフ写真教室、に参加してきました。

こんにちは。
兵庫県豊岡市でホームページ制作やグラフィックデザイン、LINEスタンプの制作・販売を行っています、アトリエムースです。

ホームページを制作する上で、ものすごく重要な要素があります。
それが「写真」です。

ものすごくかっこよくて、目を引く写真を一枚ドーンと、その上に少し粋なキャッチコピーを重ねるだけで、良い雰囲気になったりするものです。

もちろん、ただかっこいい写真だけではダメなのですが、とにかくホームページで何かを表現する上で、写真というのはものすごく重要です。

ですので、こちらでホームページ制作をお請けする場合、カメラマンに入っていただいたり、お客さん側でカメラマンに依頼して、こちらから「こんな写真が欲しいです」という投げかけをします。

カメラマンに依頼して素敵な写真を撮ってもらうにこしたことはないのですが、やっぱりそれはコストがかかります。
もちろん、カメラマンに依頼できるくらいの予算があればよいですが、なかなかそういうわけにもいかない案件もあります。

そういう場合は、私が撮影したりすることもあるんです。

プロのカメラマンほどではありませんが、ホームページに組み込むことを想定に、必要な構図で必要な写真を撮ることはできます。
ホームページにはめ込んでみて、どうしても納得がいかない場合は、後で必要な部分だけカメラマンに撮影していただくようにしています。

▲私のカメラ周り。デジタル一眼カメラ本体、標準レンズ、単焦点レンズ、広角レンズ、望遠レンズ、ストロボ。ある程度の一般的なシチュエーションであれば、まかなえる装備かなと思っています。

そして、私が撮影できると、撮影日等スケジュールは私とお客さんの都合で決めることができます。
カメラマンにお願いすると、カメラマンの都合もあるので、なかなか撮影日をすんなりと決めることができない場合が多々あります。

カメラマンとの事前打ち合わせ、構図、カット割りの確認、撮影日程、時間、費用などなど、撮影前にカメラマンをふくめて決めることがたくさんありますが、私とお客さんだけで決めることができるので、少しだけですがお客さんの負担を軽くすることができると思っています。

そういう思いもありまして、私自身のカメラスキルをアップしたい。
そうすれば、お客さんにとっても、仕事を進行していく上でもメリットがあります。

・・・というのは表向きの理由。
ほぼ無趣味の私の唯一の趣味と呼べるカメラ。
最近はそんなに外にでかけてまで写真を撮ってはいませんが、日頃は子供の成長を感じられる家族の写真を撮っているので、その写真が少しでも素敵に撮れるようになれたらいいなぁ、という思惑もあったり…。

というわけで前置きが長くなりましたが、3月9日に行われました、こんな楽しい写真教室に参加させていただきました。

「城崎温泉ステキ体験旅行社」が主催の「「飾れる写真を撮る」一眼レフ写真教室」。

※写真は城崎温泉ステキ体験旅行社さんのサイトから引用

プロのカメラマンと一緒に、観光地として賑わっている城崎温泉街を、一眼レフをもちながら散策して、家に飾れる写真を撮る、というテーマの写真教室です。
費用は半日で3,500円と破格です。

先生をしていただいたのは、観光地である城崎温泉でフォトスタジオを営んでおられる、イガキフォトスタジオさん。
イガキフォトスタジオさんのホームページはこちら。

この日はあいにくの雨で、急に冬の寒さがぶり返した寒い日でしたが、これはこれ、雨の城崎温泉の町並みや風景はなかなか乙なものです。

雨の日でしか撮れない、少しだけ特別な一枚を撮るために、いろいろと丁寧にレクチャーしていただき、なんとか家に飾れる一枚を撮ることができました。

 

まずは最初に、カメラの基礎的なことをお勉強。

「マニュアル設定で撮影してみましょう!」「シャッター速度」「絞り」「ISO感度」の関係性、「露出」などについての勉強をしました。

基本的なことを頭にいれて撮影するのとしないのとでは、自分が撮りたい写真を撮れるまでの速さが違ってくると思います。

「ダイヤルをMに回せ!!」と教室の資料にもありますように、普段はよほど特別な撮影でないかぎり、オートで撮影していたのですが、今回の教室ではマニュアルで、いろいろ設定を自分なりに変えて撮影していきます。

 

勉強の後はさっそく撮影に。

雨やん、めっちゃ寒いやん…!

でも、雨の日でしか撮れない、雨滴や、濡れた地面に反射する光とか、照明やライトがにじむ感じとか、ちょっといつもと違うファインダー越しの風景がとても新鮮でした。

散策しながら、奥行きを出す撮り方や、構図について、明るさの調整、フォーカスの合わせ方、色の温度、カメラ自体の設定等など、細かなことまで丁寧に教えていただきました。

同じ構図で、シャッタースピード変えてみたり、露出を変えてみたり。
いろんな設定を試しながらひたすら撮ります。

ちょっとずつマニュアル設定での撮影にも慣れてきましたが、なかなか「家に飾る」というテーマに合った写真が撮れず試行錯誤。

 

▼城崎に流れる大谿川を撮ったり。

 

▼木に生えてる苔を撮ったり。

 

▼観光客の人気スポット、木屋町小路を散策。

 

▼雨でも賑わう温泉街を撮ったり。

 

▼お寺のお庭にお邪魔したり。

 

▼もうすぐ桜の季節ですねぇ、と言いながら桜並木を抜け、イガキフォトスタジオさんに戻りました。

 

お店に戻ると、ストーブとホットコーヒーで冷えた体を暖めます。
イガキフォトスタジオさん、週に2回くらい、「Photo カフェ」というカフェをオープンされてます。
城崎の地元の方、観光客の憩いの場です。

体を暖めながら、今日撮影した写真の中から1枚だけ選び、出力して家に飾れるパネルに仕上げていただきます。
仕上がるまでの時間も、カメラや写真のとり方について質問したり、雑談したり。
プロの意見や考え方を聞く貴重でワクワクする時間です。

その中で今まで疑問だったことや、解決できなかったことがいくつも解決できて、すごく嬉しかったです。
「マジっすか…!!」「できるんっすか…!!」の繰り返し。
こういう時間、そういえば今までなかったなぁ、と楽しい時間を過ごさせていただきました。

そしてパネルに仕上がってきた、私の本日渾身の一枚がこちら。

先生に、「こうやって撮ると、車のテールランプが滲んでお花みたいに見えますよ。やってみます?」とアドバイスをいただきながら撮影した一枚。
桜はまだでしたが、テールランプの丸い灯りの花が咲きました。

こちらもマニュアル設定で、明るさやシャッター速度、色調をいろいろ試しながら何枚も撮影した中の一枚です。
苦労した甲斐がありました。

先生からも「よい一枚が撮れましたね。」と言っていただき、大満足です。

※先生に撮影していただきました。

家に戻って、ドライフラワーを飾っている玄関に置いてみました。
なかなか、いかがでしょうか。

本当に寒かったですが、楽しい時間を過ごすことができました。
また機会があれば、次は晴れた日の城崎を撮影してみたいと思います。

少しは私のカメラスキルもUPしたのではないかな、と思える楽しい一日でした。

次の写真教室の開催は、4月14日(土)ですって。
予約、お問い合わせは「ステキ体験旅行社」さんのサイトから。

イガキフォトスタジオさんのホームページはこちら。
http://www.igakiphoto.jp/

RELATED ARTICLES

お仕事のご相談はこちら

CONTACT